Skip Ribbon Commands
Skip to main content

Quick Launch

日本オーチス、シンドラーエレベータの日本での昇降機サービス事業の取得を完了

シンドラー社公認サービス事業会社「オーチス・エレベータサービス株式会社」として新たに事業開始

日本オーチス・エレベータ株式会社(代表取締役社長 ステファン・ド・モントリボール、本社 東京都文京区、以下 日本オーチス)およびシンドラーエレベータ株式会社(取締役社長 レネ・クンツ、本社 東京都江東区、以下シンドラーエレベータ)は、本日2016年10月3日、日本オーチスによるシンドラーエレベータの日本でのエレベーターおよびエスカレーター(以下、昇降機)のサービス事業取得手続きが完了したことをお知らせいたします。

事業取得の対象となったのは、シンドラーエレベータの日本でのシンドラー社製昇降機のサービス事業を行う部門(在籍社員数約380名)、および、様々な昇降機メーカー製品への対応可能な昇降機サービス事業者であり、シンドラーエレベータの子会社であったマーキュリーアシェンソーレ株式会社(以下、マーキュリー)(社員数約220名)の1事業部門、1会社です。

この度の事業取得により、日本オーチスはマーキュリー社の全株式を取得し、子会社化するとともに、シンドラーエレベータの昇降機サービス事業およびサービス業務に従事する従業員および資産を引き継ぎ、本日付で「オーチス・エレベータサービス株式会社(以下、OESC)」を子会社として新たに事業を開始いたします。OESCは、日本で唯一のシンドラー公認サービス事業者として日本におけるシンドラー製品の保守、修理および改修に必要となる純正部品やソリューションを提供します。

なお、シンドラーエレベータは、現在継続中の訴訟および捜査について法的ならびに社会的責務を果たし、解決するため、事業体として今後も日本に留まります。

今回の事業取得の完了および新会社の事業開始について、オーチス・エレベータ 北東アジア 社長 兼 日本オーチス代表取締役 社長 ステファン・ド・モントリボールは次のように述べています。「今回の事業取得によって、日本の地域の皆さんへさらに大きな貢献ができることを嬉しく思います。また、新会社であるOESCおよびマーキュリーを通して、新しいお客様に高い品質と安全を提供できることを誇りに思います。この度、新しい社員の皆さんが、約6万6000人以上を誇る世界のオーチス・エレベータの仲間の一員として加わられたことを、心から歓迎したいと思います。」

また、シンドラーエレベータ株式会社の取締役 社長 レネ・クンツは次のように述べています。「シンドラーエレベータの日本での昇降機サービス事業の日本オーチスによる取得がスムーズに完了したことを嬉しく思います。今後も引き続き日本のお客様へ最高のサービスを提供するとともに新たな成長の機会となることを確信しています。」

オーチス・エレベータサービス株式会社 概要
商号:オーチス・エレベータサービス株式会社(英語表記:Otis Elevator Service Company)
所在地:東京都江東区越中島1-2-21
代表者の役職・氏名:代表取締役社長 遠藤達也
事業内容:シンドラー製エレベーター、エスカレーター、その他昇降機の保守、修理および改修
社員数:380人
大株主および持ち株比率:日本オーチスが100%の株式を保有
ウェブサイト:www.oesc.co.jp

日本オーチス・エレベータ株式会社について:

日本オーチス・エレベータ株式会社は、米国に本社を置く、エレベーター、エスカレーター及び動く歩道を含む「人の移動」に関する商品の製造及び保守修理の会社であるオーチス・エレベータ・カンパニーの日本子会社です。近代の安全装置付エレベーターの開発者である創業者であるエリーシャ・オーチスのビジョンを継承し、日本では、新設・据付・保守・改修を一貫して扱い、お客様の要望に応えて120年以上の歴史を重ねてきました。1896年には日本初のオーチスのエレベーターを設置し、1914年には日本初のエスカレーターを設置しました。日本法人は1932年(昭和7年)に設立されました。オーチスブランドのエレベーターは全世界のランドマークを中心に、200カ国以上で190万台がオーチス・エレベータによって保守点検されています。オーチスは宇宙航空産業並びにビル関連産業におけるリーディングプロバイダーのユナイテッド・テクノロジーズ・カンパニー(UTC)のビジネスユニットです。詳しくは、 www.otis.com/site/jp もしくは www.otisworldwide.com (英文サイト)をご参照ください。

マーキュリーアシェンソーレ株式会社について:

マーキュリーアシェンソーレ株式会社は、鹿児島県に本社を置き、エレベーター、エスカレーター・機械式駐車場の保守・修理・改修・定期検査等のサービスを提供しています。昭和46 (1971) 年の創業以来、「お客様満足」の社是のもと、高い技術力に裏付けされた安全・安心なサービスを、高いコストパフォーマンスで提供しています。価格競争力の源は、長年の経験に基づいた、安全に妥協を許さないムダを省いたメンテナンスシステムの提供にあります。24時間安心の緊急連絡システムからリニューアルまで、幅広いお客様のご要望に応えしています。詳しくは当社のウェブサイト http://www.ascensore.co.jp/ をご参照ください。

シンドラーエレベータ株式会社について:

1954年設立の日本エレベータ工業株式会社を前身として、シンドラーエレベータ株式会社は1991年にスイスを拠点とするシンドラーグループの日本での事業会社として設立されました。シンドラーはエレベーター、エスカレーター及びその関連サービス事業を提供する世界のリーディングカンパニーです。シンドラーが提供するエレベーター、エスカレーターおよび動く歩道など徒歩での移動をサポートする設備は、全世界で毎日10億人以上の人に利用されています。シンドラーはその革新的で環境に優しいアクセスや交通管理システムで都市社会の移動手段において重要な役割を果たしています。シンドラーのサービス実現のために、100カ国以上の国で57,000人を超える社員が働いています。詳しくは、当社のウェブサイト http://www.schindler.com/jp または http://www.schindler.com (英文サイト)をご参照ください。